スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局  at 

2009年05月05日

美人の生涯。。「原阿佐緒 記念館」

昨日は、黒川郡大和町宮床にある「原阿佐緒(はらあさお)」記念館に行ってきました。




当初の予定では「松島」に行こうと思っていましたが、予想通りの大渋滞face07
利府街道をのろのろ運転。
途中のコンビ二でトイレ休憩するも、こんな状態。。。




いくら待っても、なかなか前に進みません;
時間は午後1時過ぎていますicon10
ここで、どう判断するか迫られます。

これでは、やっと到着できても駐車場待ちで食事もままならず、帰りもまた渋滞かも・・・大泣き
と思ったので、他に行きたかった「原 阿佐緒」記念館に行き先を180度変更しましたicon17icon10


途中、吉岡にあるレストラン「葡萄の木」でお昼ご飯♪





もう3時をまわりそうでしたが、このプレートに満足(^^)





これに、味噌汁とコーヒーで950円とリーズナブルです。



そして、いざ七つ森の近くの宮床にある「原 阿佐緒」記念館へ!






原 阿佐緒は、明治から昭和にかけて活躍した女流歌人です。
与謝野晶子や斉藤茂吉などに師事し、その美貌と才能をうたわれました。





何度か結婚したり恋愛問題をおこしたりで、当時はふしだらな女性と思われ、長い間不遇な立場に置かれていたそうです。
最近になって、世間から理解と支持を得ることが出来た女性です。


それにしても、なんと美しい女性でしょうか!!icon12
明治や大正の封建的な時代に、女性という立場でありながら自立していてこの美貌ですから仕方なかったのではないかと思います。

世の男性が放っておくわけがありません。

身体もあまり丈夫ではなかったようですが、恋愛に生きながらも二人の子供を育て、まさに波乱万丈の生涯を閉じたのが82歳の時。

この歌が、まさに阿佐緒の生涯を語っているような気がします。


「生きながら
針に貫かれし
蝶のごと
悶えつつなほ
飛ばむとぞする」



せつないですね。。。



今日もありがとうございます。
ここをポチリとしていただけるとうれしいです!
   ↓     ↓
宮城情報ランキング
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へ

カラーセラピー・カラーオブハート ◇~Color Of Heart~◇





  


Posted by fumi  at 15:52Comments(8)愛についての話