スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局  at 

2009年02月19日

恋空~君空。。Kimizora。。

今朝、リビングの本棚が込み合っていてギュウギュウだったので、抜き取った1冊の本。

この本の最初の2ページを読んだだけで、涙が流れてしまいました。 朝なのに・・・。




君空kimizora

娘の本です。

携帯小説から書籍化されて、映画化までされた「恋空」。それの続編のようなものです。

「恋空」は、ほとんどの方が知っているかと思いますが、まじめな女子高生「美嘉」と髪をシルバーに染めた不良っぽい男子高生「ヒロ」の悲しい恋のお話です。
実話だそうです。


娘が「恋空」を読んでいた頃、「泣けるから読んでみて!」と言われたことがありました。
簡単にストーリーを聞いたところ、その高校生2人が恋に落ちて、いろんなドラマのような悲しい出来事がありつつもまた再会して、それなのに・・・・・大泣き
20歳でヒロが2度と会えない所に行ってしまうまでのお話です。。


それを聞いた私は内心、「ふーん、娘も若いのぉ。。(-w-)」などと思っていました。
ところが。。。


年末年始の頃、TVでこの映画が放送されたので見てみました。
30分も経たないうちに、号泣している自分がいました。
恥ずかしいのですが、途中、嗚咽まじりで泣いたりしたので、放送が終わった頃には目が腫れて大変なことに(^^;)

自分でも、こんなに泣くなんてびっくりでした。



きっと誰もが、多かれ少なかれ経験した事のある甘酸っぱい感情。
自分の中にある純粋な気持ち。
それを、思い起こさせてくれたのでしょうね。
それにしても、本当に涙なしでは見れない結末ですよね(;_;)


そして、この続編にあたる「君空」は、ヒロの遺した日記をもとに美嘉が書いたものです。


私が今朝 目にした2ページです。
  



もしもあの日君に出会っていなければ



    こんなに苦しくて

    こんなに悲しくて

    こんなに切なくて

こんなに涙があふれるような思いはしなかったと思う。



けれど君に出会っていなければ


    こんなにうれしくて

    こんなに優しくて

    こんなに愛しくて

    こんなに温かくて

こんなに幸せな気持ちを知ることもできなかったよ。



  いつか、また、もう一度、君に出会いたい。

眩しく、透明で、果てしなく壮大な、この青空の下で。







また泣けてきました。。。
↓ランキングに参加しています。ポチッとクリック、プリ~ズです(;_;)
宮城情報ランキング
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へ


カラーセラピー・カラーオブハート ◇~Color Of Heart~◇


  
タグ :君空恋空


Posted by fumi  at 21:53Comments(2)愛についての話